スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出した言葉 20130823


喫茶店で婦人公論を読んでいると、なぜか3つの言葉を思い出しました。

・ 夢が膨らめば、財布はしぼむ

・ 名誉を欲する時は、引退の時

・ 育ちは理性を駆逐する(性格は理性を駆逐する)


スポンサーサイト

夏の高校野球について思う


昨晩、たまたま高校野球のダイジェストを見ました。私は大阪に住んでいるので実感していますが、今年の暑さも尋常ではありません。まさに「熱闘・甲子園」です。

しかし・・・ この暑さの中での試合は、限度を超えているのではないでしょうか?精神力や体力が、どうのこうのという次元ではない気がします。まだ成長期の高校生にとって、負担が大き過ぎます。

例えば夏の高校野球は、札幌ドームあたりで開催したらどうでしょうか?札幌は比較的涼しいと思いますし、ドーム型球場であれば、空調設備も整っていると思います。もし大阪が交通の便が良いというのであれば、京セラドームもあります。

もちろん大きなイベントであり、甲子園を中心にしたビジネスモデルも確立されていると思いますので、現状を変えるのは大変かと思います。高校球児にとって甲子園で試合をしたい、という憧れも大きいと思います。

しかし近年の大阪の夏の暑さを考えた場合(厳密には、甲子園は兵庫県ですが)やはり甲子園でのお昼の開催は厳しい気がします。せめてナイターにするとか。



クリスマスキャロルの頃には/まちぶせ


今日はトリミングで、コーギーの「キャロル」ちゃんがお店に来てくれました。そしてお昼は商店街の「いながき」さんのお弁当でした。


大阪市旭区お弁当お惣菜いながき


ということで、ユーチューブで稲垣潤一さんの「クリスマスキャロルの頃には」を久しぶりに聞きました。名曲です。


クリスマスキャロル頃には稲垣潤一l


するとユーチューブの同じ画面で、石川ひとみさんの「まちぶせ」を発見。懐かしいなぁ~と思って聞いていると、三木聖子さんという歌手の方も「まちぶせ」を歌っていた、ということを初めて知りました。


まちぶせ三木聖子


三木聖子さんの「まちぶせ」も凄く良かったです。初々しさというか、想いが伝わってくるような感じがしました。



ポン菓子


お米を膨張させたものに砂糖をまぶした「ポン菓子」です。


ポン菓子


妻いわく「昔はポン菓子を作る業者さんが巡回していたので、お米と砂糖を持って行って、その場でポン菓子を作ってもらった」とのこと。私はそういう経験が無いというと不思議そうな顔をしていました。

私が青森市で暮らした1970年代の後半から1990年代の前半までの間、アイスクリーム屋さん・焼芋屋さん・ラーメン屋さんのように、ポン菓子の業者さんが巡回している姿を見たことはなかったです。


死ん世界


今月いっぱいで大阪市浪速区・通天閣の地下劇場が閉鎖されます。閉鎖後は夏の間、お化け屋敷として利用されます。


通天閣地下劇場閉鎖後お化け屋敷


通天閣がある一帯は「新世界」と呼ばれていますが、それにちなんだ「死ん世界」と思われます。


現在、私が新世界に行くことはめったにありません。遠方から友人が来て「大阪の雰囲気を味わいつつ朝から飲みたい」という希望があった場合に行くくらいでしょうか。

20年ぐらい前、私が大学将棋部に居た頃は「関西学生王将戦」という大会が通天閣将棋道場で開催されていましたので、最低年に1階は通天閣に行く機会がありました。いつの夏だったか、ちょうど「ふたりっ子」が放映される直前で、将棋大会の開会式に主演の岩崎ひろみさんと菊池麻衣子さんが挨拶に来られていました。

また関西学生王将戦の対局中、赤い顔をした赤井英和さんが対局部屋に入ってきて、審判長の大田学さん(銀じいのモデル)に挨拶されていた風景も懐かしいです。

大田学さんが亡くなられ、将棋道場が閉鎖になり、そして地下劇場も閉鎖・・・ 「死ん世界」のネーミング、思わずクスッと笑ってしまいますが、同時に時の流れといいますか寂しさも感じます。


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。