スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチーズ2歳の女の子


写真はマルチーズ2歳の女の子です。 カット前ですが・・・


mt2w20110930-1.jpg


以前も少し書かせていただきましたが、ワンコのカットは

  ・ 一般的なカットスタイル(ペットクリップ)
  ・ ドッグショー(品評会)に出場する際に各犬種ごとに指定されているショーカット(スタンダード)

上記のように分けられます。


マルチーズ ショークリップ

この写真がマルチーズのスタンダードになりますが、まだ直接見たことはないです。




mt2w20110930-3.jpg

mt2w20110930-4.jpg


今日もよろしくお願いします(笑)


mt2w20110930-2.jpg


スポンサーサイト

すだち


今日は、いつもお店に来てくれるMプードルの男の子のお母さんから「すだち」をいただきました。


すだち-1


「すだち」と言えば、徳島県です。


すだち-2


   ・ クエン酸による疲労回復効果

   ・ 醤油など塩分が多い調味料の変わりに使用することによる、減塩効果(カリウムも豊富)

上記が「すだち」の代表的な効果・メリットのようです。


徳島県も福井県同様、比較的よくお伺いしていました。

徳島駅前の穏やかな雰囲気や阿波尾鶏、そして映画の舞台にもなった眉山など・・・

パンフレットに記載があった「北佐古一番町」の辺りも良く覚えています(笑)



比較的さまざまな土地にお伺いしていたせいか、地名を聞くと、いろいろなことが思い出されます。

サラリーマンを辞めてボチボチ1年になります。

新しい目標に向けて、また頑張っていきたいと思います。


巣立ち(すだち)の季節 と言うことで(笑)


胡麻豆腐+ポン酢+すだち


今日は「胡麻豆腐+ポン酢+すだちを擦ったもの」で美味しくいただきました。

御馳走様でした。

第70期A級順位戦2回戦 ▲三浦八段-△久保二冠


今日もお客様より新聞の将棋欄の切抜きをいただきました。 ありがとうございます。

現在プレイヤーとしては将棋から離れていますが
こういう形で情報をいただけるのは大変ありがたいです。


棋譜


個人的に印象に残っている局面は「△3九銀」と「▲8二歩」の2つの場面です。


2011-09-29a.png


△3九銀の局面は実戦の局面から外れた変化図です。

通常であれば、1番働きが強い「飛車」を逃げたいところですが・・・


2011-09-29b.png


「飛車」を見捨てても玉の安全を図るのが好手のようです。

後手の王様にも既に火の手が上がっていますので「飛車」を見捨てても玉を安全にしてしまえば
後は攻めに専念できる、ということかもしれません。




2011-09-29c.png 2011-09-29d.png


「▲8二歩」は、プロのレベルでは当然の一手なのかもしれませんが
後手の王様が 7二~8二と逃げていきたい道を塞ぐ、まさに手筋の一手です。

△8二銀の形は「カベ銀」と言われる悪形です。

終盤は駒の損得よりもスピード(駒の働き・効率)重視です。

その最も効率が求められる局面で「歩」という最も価値が低い駒
「カベ銀」と呼ばれるかなり効率が悪い形にさせられるのは、非常につらいことです。

「効かされ」(ほぼ無条件に相手の主張だけを通してしまうこと)は、プロが最も嫌うことですが
それが通ってしまうということは、局面が大差になってしまっている、ということかもしれません。



羽二重餅 他


今日、御近所様から「羽二重餅」というお菓子をいただきました。ありがとうございます。


CIMG4444.jpg


羽二重餅(はぶたえもち)は餅粉を蒸し、砂糖・水飴を加えて丹精に練り上げた、福井県の和菓子です。

福井県では羽二重織りが盛んであり、よく生産されたため、羽二重にちなんで作られたそうです。

(ウィキペディアより)



個人的な感想としては、アイス「雪見大福」の外側のモチッとした部分が
もっと柔らかくなって、そのままお菓子になった、というイメージです。

白餡味で柔らかくてフワフワしていて、口の中にスルッと入って溶けていきます。

上品な甘さで、大変美味しかったです(笑)



サラリーマン時代、福井県にはよくお伺いしました。

夜はお酒になることが多く、大変御馳走になりました。


飲ませていただいたお酒は 100% 「黒龍」 「関西」 でした。


黒龍 関西


酒の肴は「せこがに」や「へしこ」(鯖のぬか漬け)が中心で ・・・


せこがに へしこ


日本酒好きには堪らない組み合わせでした(笑)


「津軽海峡冬景色」 について思う


先日テレビをつけながらパソコンを打っていると、聴き慣れた歌が聞こえてきました。

しかし・・・  石川さゆりさんの声じゃないぞ?


津軽海峡冬景色 アンジェラ・アキ


アンジェラ・アキさんが「津軽海峡冬景色」をカバーされていることを初めて知りました。

顔を上げてテレビを見てみると、どうやらユニクロさんのコマーシャルのようです。

冬に向けての衣類のイメージを強調するための「津軽海峡冬景色」でしょうか?

確かにインパクトは強烈でした(笑)



「津軽海峡冬景色」は私もカラオケで歌わせていただく大好きな曲です。

ただ最近、ふと思ったことがあります。 それは次の歌詞の部分です。



上野発の夜行列車 おりた時から 

青森駅は 雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で 海鳴りだけを きいている

私もひとり 連絡船に乗り こごえそうな鴎見つめ 泣いていました



「津軽海峡冬景色」は、今だにカラオケの人気も高く、影響力大です。

私の思い込みかもしれませんが


東北最北端の雪国→(冬は)津軽は暗くて寒い→雪国の人は無口で暗い


「津軽海峡冬景色」によって「青森の一般的なイメージ」が作られてしまったのではないでしょうか?



もちろん、いろいろな性格の方がいらっしゃいますし、あくまでも私の個人的な意見ですが
基本的に青森県人は「明るくて・おしゃべり好きで・ラテン系」だと思っています。

バラエティーで拝見する新山千春さん(青森県出身)のような明るい感じが、ピッタリきます。


新山千春さん


「ねぶた祭り」なんかも「ラテン系・青森県人」を体現している、最たるものではないでしょうか?


nebuta.png


青森県は、空気も水も食べ物も美味しく、優しい人が多い土地だと思います。

皆様もぜひ1度は青森へお越しください(笑)


カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。