スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪は生活の敵


実家周辺-雪景色-2



今年の青森は例年に比べて雪が多いようです。

今回も気をつけてはいたのですが・・・ 結局は、何回か滑って転んでしまいました。


除雪車(ブルトーザー)が通った後、強い圧力で踏み固められた雪の部分が

アイスバーンのようにカチコチになっていました。


東京などで珍しく雪が降り積もると、ツルツル滑って満足に歩くことができない、

というようなシーンをたまにテレビのニュース等で見かけます。


昔は 「だらしないなぁ・・・」 と正直思っていましたが、最近は人のことが言えなくなってきました。



実家周辺-雪景色-1



雪国以外の方の 『雪』 に対するイメージとしては

サラサラしている・かまくら・雪だるま・スキー・スノボー・雪祭り ・・・ 等々

わりと 「綺麗・幻想的・楽しい」 というイメージもあられるのではないでしょうか?



しかし実際に生活していく立場として、雪は最大の敵でもあります。

1つの例としては、写真のような「屋根に降り積もってゆく雪」です。


雪も積もると結構な重さになります。その結果、屋根に圧力がかかり

ドアや障子の開閉がスムーズに行かなくなることもあります。


また屋根に積もった雪が、気温の変動で少し溶けたり/固まったりを繰り返していくと

大きな氷の塊になっていきます。


もし軒下に人が歩いていて、そこに大きな氷の塊となった、屋根の雪が直撃したら・・・

屋根に登っての、マメな 『雪おろし』も重要な作業です。




スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。