スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第60期王座戦二次予選 ▲木村一基八段-△佐藤康光九段

千駄ヶ谷の受け師こと木村八段 VS 現在進行中の第61期王将戦で挑戦者になり、久保王将を相手に幸先の良いスタートを切られた、佐藤九段との一戦です。

木村八段VS佐藤九段といえば、数々の死闘が思い出されます。特に私の中では第66期A級順位戦最終局と第67期A級順位戦での持将棋&指し直し局が印象に残っています。

対戦イメージは、佐藤九段の『攻め』 VS 木村八段の『責め』 です。


将棋は佐藤九段のゴキゲン中飛車でスタート。図の▲2三角の筋については、馬は作れるけれど何となく中飛車側にノビノビと指されてしまうことが多かったなぁ・・・ という思い出があります。△3二飛はビックリしました。



第60期王座戦二次予選 木村八段-佐藤九段1 第60期王座戦二次予選 木村八段-佐藤九段2



中盤戦においては、4筋の歩を取り込んでからの佐藤九段の△3九角、そして△4九角に対して木村八段が、5八の金を▲4八金と寄られたのが印象に残っています。



第60期王座戦二次予選 木村八段-佐藤九段3 第60期王座戦二次予選 木村八段-佐藤九段4



本局は79手で千日手となり、指し直し局は98手にて木村八段が勝利を収められました。




スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。