スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61期王将戦第2局 ▲久保王将-△佐藤九段(1日目)


今日は第61期王将戦の第2局(1日目)が大田原市の「ホテル花月」で行われています。

戦型は相三間飛車になりました。



第61期王将戦第2局 久保-佐藤 1 第61期王将戦第2局 久保-佐藤 2



将棋連盟モバイルの解説を読んでいたのですが「先手の模様が良い」「先手が主導権を握っている」

というようなコメントが多く、先手の久保王将が指しやすいような雰囲気でした。



何でだろう?ということで、考え方の一例として思い浮かんだのが下の2つの図です。



第61期王将戦第2局 久保-佐藤 4 第61期王将戦第2局 久保-佐藤 5

( 「相振りレボリューション」杉本昌隆著 を参考にさせていただきました )



現在、私が感じる相振り飛車の成功(しやすい)パターンとしては

『三間飛車で飛車先の歩を早く交換する・角筋を活かし美濃囲いで速攻を掛ける』イメージです。


先手番なので1手先に指しているにもかかわらず、△2五桂/△4五歩の局面を見ると

後手のスピード感に先手の陣形が間に合っていない印象を受けます。



このようなパターン(あくまでも私見ですが)を元に25手目の▲8六歩を振り返ってみると


 久保王将・・・いち早く飛車先の歩交換/左桂の活用(端攻め~自動的に角交換・後手陣の方が角を打たれる隙が多い)+▲2六飛の揺さぶり(狙い筋)

 佐藤九段・・・攻める形が作れておらず、なおかつ陣形をまとめることも困難。▲8六歩の局面で


 ・ △7四歩→▲8五桂(7四の歩が浮く)

 ・ △6三金→▲8五桂~▲4三角の筋

 ・ △7二金→△5二金が浮き駒になるので▲4一角の筋が生じる)



先手が一気に攻めず▲3八銀や▲8六歩という「ためる手」を指しているにもかかわらず

後手は陣形をまとめようがない、というのであれば相当後手がつらいのかな・・・


上記のように自分なりに考えてみました。



今日は▲7五飛の局面まで進んでいます。



第61期王将戦第2局 久保-佐藤 3




スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。