スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文系に‘理系教養‘を





ハーパー・生化学




「じょっぱり君、これから大学に入って勉強し直そうと思っているんだけど・・・」


取引先の既に70歳を越えている社長さんが、そうおっしゃったのを覚えています。


長年健康食品の業界におられ大変勉強熱心な方でしたが、それでも「基礎的な素養」が足りないため、本当に商品のことを理解できていなかったと思う、とのことでした。


私自身もバリバリの文系だったため、社長のお話されたことが何となくではありますが、わかりました。


体内におけるビタミンやミネラル、酵素などの働きに関することは、生化学に基づいています。


販売ということに関しては、理系的な知識が必要ないとも言えます。


しかし私自身、営業でサプリメントの話をしながらも、どこか社長のようなもどかしさを感じていたのも事実です。


健康食品の業界は、文系色が強いというか・・・ 「疑似科学」という言葉も思い出します。


健康については、どうしても個人差(遺伝、環境、食生活、ストレスへの耐性など)が大きいため、何を以って正しいとするか、大変難しいと思います。


個人的には健康に関して勉強する場合、生化学の基礎を押さえた上で幅広く勉強する、というのが理想的ではないかと思っています。




スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 精油化学


いつもお世話になっております。ブログ訪問ありがとうございます。

メラニン情報もありがとうございますe-441

健康に関する考え方・勉強の仕方、というのは多種多様にわたると思います。

厳密な分類ではありませんが、ちょっと考えただけでも、西洋医学、東洋医学、分子栄養学(分子矯正医学)アロマテラピー(芳香、精油)マクロビオテック、歯や口の中の状態が健康に与える影響、自律神経免疫療法、音楽療法・・・ すごくたくさんあります。

現在は社会が多様化していますので、症状を引き起こしている状況も多様化していると思います。

健康に関して考える場合、1つの分野・方法に捉われて、視野が狭くなってしまうことを個人的には1番恐れます。

それぞれの分野の難しいことは専門家の方しかわかりませんし、病気を直す・症状を改善させるという具体的な行為はドクターしかできません。

健康に関する選択肢を幅広く勉強しておいて、自分が困った時に選べる方法を広げておく、というのが個人レベルでは1番重要なことだと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。