スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61回NHK杯将棋トーナメント準決勝 ▲畠山(鎮)七段△羽生NHK杯



最近はなぜかNHK杯を録画して見るようになりました。


昔はテレビ将棋を見る習慣がありませんでしたし

今は NHKオンライン 囲碁と将棋 で、放映日の次の日には

ネットで棋譜を見ることもできるのですが・・・


自分自身少し不思議に思っています。



第61回NHK杯将棋トーナメント 畠山(鎮)-羽生-1



畠山(鎮)七段が▲6五歩と突き、戦いがスタートしました。


「矢倉では、絶好の位置である△6四角を追ってから攻めなくてはいけません」


昔、森内名人がおっしゃっていたのを思い出しました。



第61回NHK杯将棋トーナメント 畠山(鎮)-羽生-2



図の△3四歩の局面がポイントで


本譜は▲4六銀だったのですが▲1七桂が有力だったようです。


▲1七桂に対する羽生NHK杯の予定は△3六銀だったそうです。



第61回NHK杯将棋トーナメント 畠山(鎮)-羽生-3



以下▲3六飛△3五歩に対し▲2五桂が指摘されていました。



第61回NHK杯将棋トーナメント 畠山(鎮)-羽生-4



▲4六銀からは羽生NHK杯がペースを握られたようです。

△6五歩がアジの良い、絶好の一手になりました。



第61回NHK杯将棋トーナメント 畠山(鎮)-羽生-5



108手で勝利を収められた羽生NHK杯は

来週の決勝戦で四連覇を懸け、渡辺竜王と対戦されます。


早指し戦において羽生NHK杯は、2つの棋戦で連覇を継続中です。

NHK杯3連覇(第58回~第60回) JT将棋日本シリーズ2連覇(第31回・第32回)


第32回JT将棋日本シリーズ決勝 ▲渡辺竜王△羽生JT杯


最近の渡辺竜王と羽生NHK杯の対局について

長い持ち時間のタイトル戦においては、渡辺竜王が押している印象があります。


しかし公開対局であるJT将棋日本シリーズの決勝戦では

渡辺竜王にとっては珍しいトン死負けを喫していますので

渡辺竜王としても心中期するものがあられるような気がします。




スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。