スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府鳥もつ煮



阪神百貨店で行われていた「全国選抜ご当地グルメ甲子園」に

行ってきた知人が、お土産をたくさん買ってきてくれました。


私の周囲の女性限定かもしれませんが?「ご当地グルメ」「物産展」

といったキーワードの大好きな方が多い印象です。



甲府名物 甲府鳥もつ煮



「甲府名物 甲府鳥もつ煮」は、かなり有名なようです。


私のようなモツ好き人間には、たまりません。


大変美味しくいただきました。


ネットで調べていると「みなさまの縁をとりもつ隊」公式サイト

を発見しましたので、そこからの文章を抜粋させていただきます。




甲府の蕎麦屋の定番「甲府鳥もつ煮」 「もつ煮」というと、汁気があって長時間煮込んだものが一般的ですが「甲府鳥もつ煮」は少量のタレを使い強火で短時間のうちに照り煮します。


水気が飛んで飴状になったタレで鳥のもつをコーティング、旨味をぎゅっと閉じ込めて照りを出します。


本物の蕎麦職人が絶妙な火加減とタイミングで作る、この"照り"が命なんです!
 

戦後まもない昭和25年(1950年)頃に「鳥のもつが捨てられていてもったいない。なにか安くて美味しいものができないものか」と甲府市内の蕎麦屋で考案。


その後、蕎麦屋から飲食店に広がっていき、今では、ほうとう、煮貝と並ぶ甲府独自の食文化となりました。


砂肝のコリコリ感、しこしこしたハツ、レバーのやわらかさ、ぷちっとした感触のきんかん(産まれる前の卵)


そんな食感のハーモニーも楽しめる「甲府鳥もつ煮」をぜひご賞味ください。



スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。