スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手番ゴキゲン中飛車に対する後手の対策


私は居飛車党で2手目は△8四歩と指したい人間です。先手がゴキゲン中飛車を目指し▲7六歩△8四歩▲5六歩というスタートの場合、下の図のように進展するケースが多いのではないでしょうか。


▲ゴキゲン中飛車△居飛車-3


そうすると居飛車の対策としては、居飛車穴熊(A図)か


▲ゴキゲン中飛車△居飛車-1


角交換して5筋の歩交換を拒否(B図)の2つが考えられます。


▲ゴキゲン中飛車△居飛車-2


私は実戦では、B図の対策を用いることが多かったです(厳密には△5二金右のところで△4二金と上がる形でした) 先手は▲7五銀とぶつけてくることが多いと思いますので、以下△6四角や△2四角と打つイメージかな?という認識でした。

穴熊の勝率が良いことは知っていたのですが、どうしても下の図の陣形に組まれるのが嫌でした。


▲ゴキゲン中飛車△居飛車-4


▲6六歩~▲6五歩を省略して▲5六銀型に組まれるのが、癪に障るというか、何と言うか・・・ しかし最近では敢えて?▲6六歩と突く将棋を2局ほど見かけました。日曜日のNHK杯▲甲斐女流王位-△上田女王戦もそうでしたし、確か▲永瀬四段-△遠山五段戦もあったと思います。


▲ゴキゲン中飛車△居飛車-1


個人的には、何で自ら角道を止めなければいけないんだろう?と思うのですが

・ 後手は△7四歩と突いた後に、△7二飛~△8二飛と最善形を崩さずに千日手を狙うこともできる

・ 先手も形が良いとは言え、千日手を打開してまで具体的に攻める順が難しい

これらを踏まえA図のように▲6六歩と突く指し方が出てきたのかな?と予想しました。

先日将棋連盟モバイルで、王位戦リーグ紅組の▲戸辺六段-△渡辺竜王戦を見たのですが、戸辺六段のゴキゲン中飛車に対する渡辺竜王の対策がB図(穴熊ではない方の対策)でした。

渡辺竜王は玉を固く囲うことの優先順位が非常に高いと思いますし、ゴキゲン中飛車に対する穴熊の勝率も良かった印象がありました。

渡辺竜王が「玉が固い+勝率が良い(勝ちやすい)」指し方を選ばなかったということは、A図の▲6六歩と突く指し方が現状では優秀である、ということなのかもしれません。


スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。