スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊胆(ゆうたん/くまのい)と「タウリン」




先日喫茶店で「仕掛人 藤枝梅安」を読んでいました。



仕掛人 藤枝梅安 さいとうたかお




主人公である藤枝梅安の「私は駿河の国の藤枝の出身で」というコメントを読んで、あっと思いました。 静岡県(駿河)の藤枝明誠高校と言えば、高校将棋界の名門校です。


藤枝梅安の「藤枝」は静岡の藤枝が由来だったのか! もう10年近く読み続けていますが、初めて知りました。 気づかないもんですねぇ・・・



この日読んだ話の中で、旅に出ていた小杉十五郎が藤枝梅安へ「熊胆(ゆうたん)」の最高級品を送るシーンが出てきました。


熊胆(ゆうたん/くまのい)は、ツキノワグマやヒグマの胆嚢を乾燥させて造られた生薬で、万能薬として重宝されてきた歴史があります。


以前から漢方薬の絡みで熊胆のことは知っていました。 しかし、熊胆のどのような成分が万能薬としての効果を発揮するのか、そこまでは知りませんでした。


万能薬・・・ 胆嚢を乾燥させたもの・・・ 胆嚢は、胆汁をためて置く所・・・ 胆汁に多く含まれている栄養素と言えば・・・ 


ファイト一発/滋養強壮でおなじみの「タウリン」です。 タウリンは胆汁酸と「タウリン抱合胆汁酸」というかたちで結びついて、胆汁の分泌を促進させる重要な働きがあります。 そのため胆汁には、タウリンが豊富に含まれています。 胆汁の排泄がうまくいかず、過剰蓄積されたケースが、黄疸です。 


またタウリンは、神経伝達の働きに関与している、カルシウムイオンを調整する働きがあります。 カルシウムイオンが細胞にバランスよく出入りできるかどうかは、生命活動の基本でもあります。 そのためタウリンは、全身に重要な作用をしているとも言えます。


てんかんや痙攣、こむらがえりなど、刺激作用がきつい時に、タウリンは有効なケースが多いと記憶しています。


「胆汁に多く含まれているもの/体全体に作用する(滋養強壮/万能薬)」 まさにタウリンの特徴に合致すると思います。




 
スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。