スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りんごの季節


今の時期に千林商店街を歩いていると、ほとんどのお店さんの果物コーナーでは、林檎が目玉商品として置かれています。紅玉、ジョナゴールド、シナノゴールドなど、私が目にしただけでもいろいろな品種を目にます。1番多く売られているのは「サンふじ」でした。

リンゴの値段は「1カゴ・4個・1000円」「1カゴ・3個・650円」という感じで、1個あたり200円前後~250円ぐらいの価格が多い気がしました。

地理的に近いせいか、長野県のりんごもけっこう販売されている感じです(千林商店街は大阪市です) 私は津軽人ですので、青森のリンゴしか食べませんが。


そんな中、青森の実家が送ってくれたリンゴが届きました。


サンふじ

( ふじ )


金星

( 金星 )


大雑把な判断基準ではありますが、王林や金星など、黄色い皮のリンゴの方が甘みは強いです。

「サンふじ」と「ふじ」の違いは、袋を被せて栽培したのが「ふじ」/袋を被せないで栽培したのが「サンふじ」です。「サン」は、SUN(太陽)の意味です。

サンふじは、太陽をたくさん浴びて育つため糖度が高まります(甘いリンゴになる)また、袋をつけ外しする手間が省けますので、ふじよりも低コスト済む、と聞いています。デメリットは糖度が高まるので、保存できる期間が短くなること/皮の赤い色が綺麗に出づらい、ということになります。

以上より、ふじの方は「甘さ控えめ/皮の赤色が綺麗に出やすい/保存性が高まる」ということになります。


どちらが良い、ということはないと思うのですが

・ 今は、流通システムが発達している ・・・ 保存性をあまり気にしなくて良くなった

・ どの分野でもアウトレット商品が注目されるようになってきた ・・・ 実用性(味)があまり変わらないのであれば、多少、色や形が悪くても安い方が良い

この2点の理由で、サンふじがよく出回るようになってきたのでは?と予想します。


金星-2


私の実家では、もし御近所さんにお裾分けする場面、色艶が綺麗な林檎の方が良いのではないか?という判断で「ふじ」を送ってくれます。


スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。