スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想いは伝わったでしょうか?


焼売炒飯弁当


新青森駅から3時間半で東京駅に着き、東海道新幹線に乗り換え、新大阪駅に向かいます。

私はこの1ヶ月弱(なんちゃって)糖質制限食をしていました。炭水化物(ご飯・パン・麺類・粉物など)や醸造酒、御菓子、ジュースなど、糖質が多いものを食べないようにしていました。厳密な糖質制限食の場合、調味料や野菜も種類によってコントロールしなければいけないのですが、そこまではしていません。その結果、1ヶ月弱で7~8kg体重が落ちました。

ただし自分の中のルールとして「知人が遊びに来てくれた時/正月など家族で集まる時」は制限を解除することにしています。今回は青森に帰省して親戚と食事をする機会が多くあり、日本酒、ビール、お寿司、ご飯+塩辛を堪能しました。白飯の美味しさを再確認しました。

一応、大阪に戻る日の朝御飯(今朝)をもって制限解除を終了するつもりでした。しかし東京駅で「焼売炒飯弁当」を見つけ、思わず懐かしくなってしまいました。サラリーマン時代の東京出張の帰りは、何回に1回かは必ず焼売炒飯弁当を食べていたからです。(まだ大阪へ帰る途中だし、制限解除中と見なしてもいいかな…)お弁当+280mlのミニペットボトルのお茶をピッタリ1000円で購入しました。

清掃が終わった新幹線に乗り込むと人がドンドン入ってきて、指定席も全部埋まりそうな気配です。(切符の確認が終わってから食べようかな)そう思っていると、私の隣には白いワンピースと白いスカートの上下の、清楚な感じの若い女性が座りました。あちゃ~正直参ったな、と思いました。

通常であれば、若い女性の方が隣にいるのは大変嬉しいものです。しかし今回ばかりは、そうもいきません。私はこれから焼売を食べる人間です。焼売は、醤油とカラシをつけて食べると美味しいです。当然、醤油やカラシが入った袋を手でカットする訳ですが、もしその時に醤油やカラシがあらぬ方向に飛んだら、エライことになります。ましてや白の上下です。

餃子や焼売は糖質制限食のリストに入れてあります。もうしばらくは食べられません。ですから余計に醤油とカラシをシッカリつけて食べたい訳です。しかし… 結局、醤油とカラシ抜きで食べました。やはりリスクが大き過ぎます。今度からは「深川めし」にしとこ。

ちょっと寂しい気持ちに襲われましたが(一応これも陰徳を積んだことになるのかな?)ということで気持ちを納得させました(厳密には私の危機管理能力の欠如になると思います)

名古屋を過ぎた辺りで、女の子がお弁当を食べ始めました。ここで私に汁が飛んで来たりしたら話のオチとしては最高かと思いましたが、それはなさそうです。



スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。