スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニア犬 ぼけ診断


写真は、わが家のヴィヴィさん(19歳4ヶ月)です。


ヴィヴィさん閉所20110731-2

ヴィヴィさん閉所20110731-1 ヴィヴィさん20110811-2


最近のヴィヴィさんは店内を歩いている時は、
必ず狭い所に入って行こうとします。

そして狭い所に入ってしまうと、今度は抜け出せなくなります。

年を取ると、ある程度止むを得ない行動らしいのですが・・・


「老犬との暮らし方がよくわかる本」(実業之日本社)に「ぼけ診断」のチェック項目がありましたので、ちょっと抜粋させていただきます。
 

①昼間眠っていて、夜起きていることが多い
②狭い所に入りたがって、後退できなくなる
③異常に食べるのにやせた
④よくトイレに失敗する
⑤飼い主が呼んでも反応がない
⑥トボトボ歩く、元気がない
⑦しつけたことを忘れている
⑧くるくる円を描くように歩く
⑨部屋の隅で方向転換ができない
⑩夜中に突然単調な声で鳴く
⑪人間に対して攻撃的になる
⑫嗅覚のみが異常に敏感になっている

①~⑨は、全てヴィヴィさんにも当てはまります。

⑪についてはシャンプーやカットの際、今までおとなしかった子が、年を取ってきて突然噛みにくるようになる「ぼけ噛み」という行動は比較的よく見受けられます。


ペットショップ等で仔犬を見ていると「こんな子を飼わないなんてありえへんやろ!」というくらい本当に可愛いです。

ただワンコの場合は、あっと言う間に年を取ります。そして「痴呆症」になることも多々あります。

特に初めてワンコを飼われる場合には、極端な話になるかもしれませんが、将来「一晩中夜鳴きをする・所構わず糞尿を垂れ流す・突然性格が変わったかのごとく、飼い主さんに攻撃的になる」といったことも想像してみて、それでも最後まで面倒をしっかりと看きれるか?ということを自問自答されてみるのも大切ではないかと思います。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。