スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第52期王位戦第6局▲広瀬王位-△羽生二冠


sz10w20110826-1.jpg


今日は、第52期王位戦7番勝負の第六局▲広瀬王位-△羽生二冠の2日目が行われています。

日本将棋連盟モバイルを見ている感じでは、馬を作った広瀬王位が優勢ではないか、という雰囲気でした。

ただその際に私の中では、ある局面が浮かびました。

左図は今日の将棋の途中図です。右図は 2009年7/17に行われた第80期棋聖戦5番勝負第五局▲木村八段-△羽生棋聖の途中図です。


2011-08-30b.png 2011-08-30a.png


先手が馬は作っているものの、カベ銀(2八銀)が存在している、という部分が被りました。

棋聖戦(右図)では、羽生棋聖が見事な大局観で勝利を収められました。


  私の本局途中図の個人的な見解としては

○ 先手のカベ銀が、あとあと響いてくるのではないか?

○ 後手玉は「▲8四歩△同歩▲8三歩」といった筋が、1番急所になりやすいと思います。

しかし、先手の8筋の歩が伸びていません。そのため後手玉が「見える形」になりづらい感じがする。


上記の理由で、先手も実戦的には勝ちづらいのではないか?と素人判断ながら思いました。




2つのブログランキングに参加させていただいています。
クリックしていただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ


スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。