スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「衝撃の新手破り」を読んで


将棋世界11月号の山岸浩史氏の観戦記「衝撃の新手破り」を読みました。内容は第52期王座戦五番勝負第1局▲渡辺竜王-△羽生王座戦についてです(肩書きは対局当時)

将棋連盟モバイルで棋譜は見ていましたが、観戦記を読んで改めて、手順の意味を理解できた気がします。


2011-10-12a.png


図の△9三桂が羽生王座の新手だったそうです(ただし研究会等、水面下では認知されていたようです)この時点での後手の狙い(有効手)は

△2六角と歩を取って2五の桂馬を取る手 / △2五銀と桂馬を取った後に△8四桂と打つ手 この2つに絞られてくると思います。

この△9三桂に対する先手の有効手が非常に難しいような気がしました。有効手を具体的に考えてみると
 

①相手の玉を攻める ②遊び駒を活用する ③自陣の守りを固める ④駒得する ということになると思います。


これに基づくと△9三桂の局面に関する先手の立場としては

相手の玉を攻める ・・・ 後手玉は固い。攻める場所無し?

遊び駒を活用する ・・・ 遊び駒無し?

自陣の守りを固める ・・・ 手を入れる(=守りを固める)所無し?

駒得する ・・・ ▲9一飛成と香車を得する手はありますが、飛車が7筋から居なくなると△7五歩という手が飛んできます。▲7一飛は攻防の絶好の位置なので動かしづらいです。

▲7四飛成も後手玉に対する脅威が薄れ△2六角と歩を取られそうだし・・・


△9三桂に対する渡辺竜王の解答は▲3五歩でした。


2011-10-12b.png 


直接的には△2六角を消した手です。そして次に▲4七歩△3六金▲9一角成を狙っています。後手玉は3筋の歩が切れると▲3三歩と打たれるので、3五の歩は取りづらいです。

▲3五歩もどちらかと言えば「手渡し」ぎみの手かもしれません。 「少し漠然とした手ですが、後手にも有効な手はあるんですか?」そう問いかけているような感じでしょうか。

後手も▲3五歩に対して「①相手の玉を攻める②遊び駒を活用する③自陣の守りを固める④駒得する」という視点で考えた場合、指す手が限定されてきます。


②~④は× よって①しかない。そこで桂馬を喰いちぎって△8四桂と打ちます。


2011-10-12c.png


先手の立場としては▲7四飛成が第一感かもしれません。しかし後手も△9三桂と攻めに一枚厚みが加わっているため、受けきるのは容易ではないかもしれません。

▲7四飛成としても「受けきれない+相手玉に対する脅威が薄れる」ということであれば、▲7四飛成の一手の価値は薄くなります。

そこで「受けが無い時は受けない」ということでスピード勝負に持ち込む▲2四歩と指し、銀を取らせて▲9八玉と寄ります。


2011-10-12d.png


通常であれば、7六の銀をポロッと取られるのはメチャクチャ痛いです。ただし逆にメリットを考えた場合

・後手にとって7筋は、歩を使って攻めるのが手厚く効率的。よって先手は、7筋に歩が進んでこない形に限定させたことで、後手の攻めを単調にさせることができた

・通常であれば、端玉には端歩で、▲9八玉に対して△9五歩の攻めが厳しいけれど△9三桂と跳ねているため、端攻めがない

ということが言えるのかもしれません。


▲9八玉以下、羽生王座が△2四歩と自陣に手を戻して銀を手放すことになってしまい、攻めが切れ筋になりました。将棋世界では羽生王座の『銀を取った後に厳しい攻めがないことが誤算でした』というコメントがありました。


2011-10-12e.png


観戦記をベースに自分なりに考えただけですので、間違いが多々あるかと思います。しかし何となくではありますが、渡辺竜王がおっしゃっておられた「▲3五歩~▲9八玉までは定跡になる手順でしょう。何度指してもこうなります」という意味を理解できたような気がします。


スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。