スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24期竜王戦七番勝負第1局 ▲渡辺竜王-△丸山九段


昨日から行われていた竜王戦第1局は71手にて、渡辺竜王が幸先の良いスタートを切りました。

図は、昨日の最終局面です。


2011-10-14a.png


対応手予想の1番人気は▲5三歩成でした。


2011-10-14b.png


△5三同玉は形が悪く、△5三同歩は▲5六歩と角を追った後に▲4四飛が厳しい手になるようです。


渡辺竜王の封じ手は▲8五同歩でした。


2011-10-14c.png


封じ手の▲8五同歩に関して個人的には


・ もし先手が優勢であるならば、自然に対応すれば自然に良くなるはず

・ 後手の王様は、攻撃の要である「飛・角」に近い形。よって、

  相手の攻めに自然に対応すること=相手の王様を攻めることに繋がる

・ 後手は歩切れなので、無理に歩を渡す必要はない


上記のように推測しました。



後手の△7三桂に対して、渡辺竜王は▲5六銀と打って角を責め


2011-10-14d.png


以下、攻防手の▲8六桂(後手の飛車の直射を緩和しながら▲7四桂を狙う)にて、

丸山九段が投了されました。


2011-10-14e.png


封じ手の辺りの形勢判断や細かい指し手の意味は、

感想戦の後の詳細な解説を楽しみにしたいと思います。


スポンサーサイト

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリーメニュー
リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

じょっぱり

Author:じょっぱり

津軽生まれ。普段の日々を、のんびり綴っていきたいと思います。

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。